ピックアップ!

特別養護老人ホームの特色
  • 特別養護老人ホームの特色
  • 特別養護老人ホームは他の老人ホームや介護サービスと比べると要介護度が高い人を対象としている施設です。特別養護老人ホームの特色をよく理解してどのような施設なのか、どういった仕事内容なのかを理解しましょう。

特別養護老人ホームの特色

利用者やその家族の方など、施設入居を考える人の中から一番人気の高い施設が特別養護老人ホームです。基本的には要介護度の高い高齢者が施設を利用する対象となるため、特別養護老人ホームで働く介護職員は様々なケアをすることになります。介護職を探す人の中でも人気の高い特別養護老人ホームはどういった施設であり、どのような仕事内容になるかを紹介します。

LINEで送る
Pocket

特別養護老人ホームについて

特別養護老人ホームについて

特別養護老人ホームは特養などと省略して呼ばれることもあり、自治体や社会福祉法人が運営する公的な施設となっています。有料老人ホームより利用者の月々の負担額が少ないことから施設への入居を考える人からの人気が高くなっています。
入居対象者は原則として65歳以上、要介護3以上の認定者で自宅で生活するのが困難な重度の認知症や寝たきりの人が入居できます。また前述に限らず要介護1、要介護2の人も認知症などで日常生活に支障をきたす場合、といった特例の要件にあてはまる場合には入居することができます。

働く特徴

特別養護老人ホームの勤務条件としては基本的にシフト勤務となります。そして施設の特徴として夜間にもスタッフを必要とするので、デイサービスと異なり夜勤の存在があります。勤務形態には正社員だけではなくパートの人なども働いており、夜勤手当が支給されることもあり他の施設よりも給与は高くなることが多いです。就業するために必要な資格は特にないため、無資格からでも働き始めることができます。

仕事内容

特別養護老人ホームで働く介護職員の仕事は主に身体介護と生活援助を中心に行われます。1日の仕事の流れは他の介護施設と基本的に変わりはありませんが、特別養護老人ホームの入居者の特徴として要介護度が高いため身体介護の割合が高くなっています。特別養護老人ホームは利用者の起床から就寝中まで介護業務を行います。
入居者が起床すればまずベッドから起き上がれない利用者もいるので、ベッドから起きる介助から、洗顔や着替えの手伝いなどを行っていきます。そして1人では食事ができない利用者に朝食の食事介助や服薬が必要な人に対して薬を確認して飲ませるなどの仕事があります。そして入浴介助やレクリエーションなどを日中に行い、利用者の夕食時には朝食と同様に食事介助と服薬の手伝いをします。就寝してからは1時間おきに見回りを行い、寝返りを打てない人に対して体位変換の介助や、緊急用コールの対応をしていきます。

注目の記事はこちら!

履歴書で自分をアピール

履歴書で自分をアピール

意外と知らない人の多い正しい履歴書の書き方

要となる求人の探し方

要となる求人の探し方

介護業界の求人の探し方をご紹介

家庭と両立したいならホームヘルパーがおすすめ

家庭と両立したいならホームヘルパーがおすすめ

ホームヘルパーは家庭との両立がしやすい介護職

介護業界が未経験ならデイサービスがおすすめ

介護業界が未経験ならデイサービスがおすすめ

介護の仕事が未経験ならまずはデイサービスから

グループホームの特色

グループホームの特色

今後増えていくことが予想されるグループホーム

介護付き有料老人ホームの特色

介護付き有料老人ホームの特色

介護業界で人気の介護付き有料老人ホームはどんな施設?

pagetop
Copyright © 2018 介護施設の種類と特色 All Rights Reserved.