ピックアップ!

特別養護老人ホームの特色
  • 特別養護老人ホームの特色
  • 特別養護老人ホームは他の老人ホームや介護サービスと比べると要介護度が高い人を対象としている施設です。特別養護老人ホームの特色をよく理解してどのような施設なのか、どういった仕事内容なのかを理解しましょう。

しっかり稼ぎたいなら夜勤専従がおすすめ

ナイトケアを必要とする介護施設では介護スタッフが24時間のケア体制で利用者を介護しています。デイサービスなどの通所型ではなく特別養護老人ホームなどの居住型の介護施設では介護スタッフが24時間体制でケアを行います。そのため夜勤のシフトがあり、しっかりと稼ぎたい人に向けて夜勤専従介護職という働き方を紹介します。

LINEで送る
Pocket

夜勤専従介護職

夜勤専従介護職

夜勤を担当するスタッフは介護施設にとってとても大切な存在ですが、女性の多い介護現場ではあまり進んで夜勤をしたいと考える人は少数派です。そこで介護施設では夜勤担当者がいないことに頭を悩ませているところも少なくありません。こうした夜勤スタッフの人材不足を解消することに頼れる存在として夜勤専従介護職という働き方があります。
夜勤専従介護職はその字の通り夜勤だけを担当する介護職の人を指します。夜勤専従介護職の特徴としては夜勤だけを担当とするため手当が高いため、賃金が高いことが大きな特徴です。特に介護業界は賃金が低いため、介護職の中でも稼げる仕事として注目されている働き方です。

給与

では実際に夜勤専従介護職はどのくらいの給与をもらうことができるのかについて知りましょう。夜勤のある特別養護老人ホームなどの介護施設では夜勤だけを担当する夜勤専従介護職の募集は意外と多くあります。施設は地域や施設によって変わってきますが、都内で介護職員初任者研修を修了している場合には1回の勤務で21000円が相場となっています。介護福祉士の資格を持つ場合は2000円アップして23000円が相場となっているようです。施設によっては1回の勤務で30000円の給与を支払っているところもあるようです。
これらの1回の勤務でもらえる相場から考えると、1月に10回勤務をすることで正規職員の平均給与を上回る働き方になります。ダブルワークや勤務回数を増やすことで給与はずっと高くなりますし、月に50万円近くを収入にすることが可能になるのが夜勤専従介護職です。

勤務時間

夜勤専従介護職は勤務時間が17時から翌朝の9時までが多いため、16時間が拘束時間となります。休憩も含まれた時間ですので拘束時間がとても長いですが、勤務時間や労働の大変さは特に日勤と変わらないところがほとんどです。そして非常勤で働くケースがとても多いため、施設側と相談して月に何回出勤するかを決めることができます。日勤と織り交ぜて働くよりも夜勤だけをする方が生活リズムが安定して楽という人もいますので、稼ぎたい人は夜勤専従型介護職を目指すことがおすすめです。

注目の記事はこちら!

履歴書で自分をアピール

履歴書で自分をアピール

意外と知らない人の多い正しい履歴書の書き方

要となる求人の探し方

要となる求人の探し方

介護業界の求人の探し方をご紹介

家庭と両立したいならホームヘルパーがおすすめ

家庭と両立したいならホームヘルパーがおすすめ

ホームヘルパーは家庭との両立がしやすい介護職

介護業界が未経験ならデイサービスがおすすめ

介護業界が未経験ならデイサービスがおすすめ

介護の仕事が未経験ならまずはデイサービスから

グループホームの特色

グループホームの特色

今後増えていくことが予想されるグループホーム

介護付き有料老人ホームの特色

介護付き有料老人ホームの特色

介護業界で人気の介護付き有料老人ホームはどんな施設?

pagetop
Copyright © 2018 介護施設の種類と特色 All Rights Reserved.